投資物件をリノベーションして利回りアップ

投資物件をリノベーションして利回りアップ

 

マンションやアパートなどによって賃貸経営をすることは、何と言っても、安定的かつ長期的な家賃収入が期待できるというメリットがあります。

しかし、賃貸経営をして安定的かつ長期的に家賃収入を得ていくには空き室が出ないような努力が必要になってきます。

賃貸経営を始めたもののなかなか入居者が決まらないといった事態になったときでも不動産の管理費やローンの支払いなどでお金は出ていきます。

税金も支払わなくてはならないです。

このような経費よりも家賃収入が上回らない限り賃貸経営が成功したとは言えません。

物件を購入する際にはぜひ空室のリスクというものも十分に考慮をしておかなくてはならないのです。

そのため、賃貸経営を始めるにあたってはその物件の立地条件や家賃をどのくらいの価格にするかなどの選定を十分にしておく必要があります。

 

リノベーションが効果的です

ただやみくもに賃貸経営を始めたとしても思いのほか需要がなかったり、家賃が他の物件の相場とかけ離れているようなときにはなかなか入居者が決まらないといったことになりかねないからです。

そのため、賃貸物件を購入する際には需要が高く、比較的家賃の相場が高い地域の物件を選ぶようにした方がいいでしょう。

また、なかなか入居者が決まらないといった空室対策についてですが、この点については古くなってしまった物件の設備などを新しいタイプのものに変更するリノベーションが効果的です。

若い世代の住まいに対する価値観は変化しています。その変化に適応させた暮らしを提供できる住まいが人気を集めています。

 

住む人に付加価値を加える

単なる物件の修繕であるリフォームとは違いリノベーションは物件の修繕に加えて新しい価値を付け加えることになるので、何の手も加えていない物件よりも入居者が決まりやすいという特徴があります。

そのため、賃貸経営を始める際には物件をリノベーションして見た目も設備も充実させた方がより効果的な空室対策となるのです。

近年、近年人気を集めているのが、ワンルームなら30万円程度の予算でイメージを大きく変えることができるデザインリフォームです。

室内のクロスではなく個性的な塗装をすることで、そのお部屋の見た目は大きく変化して、内見に来た方の即決契約が期待できます。

理由は、他にはないデザイン(おしゃれ、かわいい)など洗練されたデザインは入居を」決定づける基準としては十分です。

 

賃貸物件をリノベーションして利回りアップ

 

空室対策さえしっかりとしておけば入居者が途切れてしまう心配もなく安定的かつ長期的な家賃収入を得ることができるので、高利回りで収益物件を経営することができます。

いちどリノベーションの専門家に相談することが近道ではないでしょうか。

投資物件で評判のリノベーション専門設計士を紹介してもらえます。

【イエツクル】

東京都.神奈川県.埼玉県.千葉県エリア対応。

リノベーションを考えた時、どんなプロに相談しますか?

リノベーションの経験が豊富で柔軟な発想をもったプロの設計士に相談すると、あなたの「かゆいところ」を先に「かいてくれます」。

中古リノベーション

毎日が楽しいキャットウォーク

例えば、ネコを飼っていてネコの為に「こんなキャットウォークを作りたい」と画用紙に書いて説明するだけで、「それならば、こういうこともできますよ!」「ここに導線を作りましょう」と斬新なアイディアをはじき出してくれたりします。

もちろんそのために必要な強度計算や、生活利便性を考慮したうえでの提案です。

キャットウォークが得意な設計士を紹介します

リフォームとリノベーションでは性質が異なります。

リフォーム会社へリノベーションを依頼することは少し怖い気がします。

 

リフォーム会社へリノベーションを発注するということ

リノベーションをリフォーム会社へ工事発注する事が、ちょっと怖い理由が2つあります。

①営業担当者が現場監督??

リフォーム会社の営業が現場監督を兼任しているケースが多くあります。単刀直入に言ってしまえば、リノベーションの「素人」です。
ここが「かゆいから掻いて」といえば掻いてくれますが、これから「かゆくなる所を先に教えてくれる」ことはないでしょう。

②リノベーションのプロではない

構造躯体の強度を計算しながら設計しなければならない場合があります。基本的にリフォーム会社では出来ないことです。
その場合は外注の設計士に依頼することになります。それなら初めから設計士に工事依頼したほうがトラブルを回避できて責任の所在が明確になります。

リノベーション専門の設計士をココで探す。

さいごに

横浜市はエリアにもよりますが、東京23区と変わらない、もしくはそれ以上のブランドと地価を持っています。

価格帯も戸建だと4,000万円~5,500万円といったところでしょうか。

地形的にアップダウンが激しいエリアもありますので、通学・通勤、そしてお子様やご老人には十分な検討と考慮が必要です。

津波災害や土砂災害の指定エリアなども要チェックです。

 

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!