東京で賃貸入居率100%を目指すリノベーションの秘訣

東京都心部で、賃貸入居率100%を目指すには入居者が安心安全に住めるということが重要です。

 

築古物件の場合、法改正に対して、未対応の箇所があったり、増改築を繰り返すことで、意図せずに遵法性を欠く物件になることがあります。

遵法化されている物件かどうか専門家に調べてもらい、未対応箇所があればリノベーションで遵法化することで、入居者に安心安全であることを証明できる物件を示せるようにします。

 

東京には競合となる賃貸住居が多いため、デザインでの差別化や住居としての付加価値のある物件でないと魅力がなく、なかなか入居者が集まりません。

  • リノベーションによって付加価値を創出
  • 地震が起きても倒壊しないような耐震補強
  • 空調改修や照明変更等によるエネルギー効率

の改善があります。

 

オンリーワンのデザイン

 

近年はデザイン性に優れた他の住居には無いオンリーワンが求められる傾向にあります。

「この部屋に住みたい」「こんな部屋で暮らせたら幸せ」と入居希望者の方から思われるようなデザインリノベーションですね。

他にはない「オンリーワンの部屋」そんな賃貸住宅のデザインリノベーションが実現が鍵です。

 

省エネルギー性能

 

日本で起こり得る大地震への対応と脱原発志向の高まりによる省エネルギーの対応は、入居者にとってはとても気になるところなので、安心安全の物件をアピールするためにも必要なことです。

今までは入居者全般の付加価値でしたが、入居者のターゲットを絞ったリノベーションによる付加価値の創出が賃貸入居率100%を目指すためにはとても重要です。

 

一人暮らしの学生

一人暮らしの学生がターゲットであれば、賃貸料は高くできないので、部屋数を増やさなければなりません。

ただ、部屋数を増やしても付加価値がないので、インターネットができる環境にするなど、部屋の設備を良くすることが重要です。

第一印象が重要なので、室内の壁を一面だけ明るい塗装に変えただけで、即入居が決まったケースもあります。

 

世帯層

 

子供のいる家族がターゲットであれば、駐車場や駐輪場が完備されているようにします。

スペースがなければ、地下駐車所や地下駐輪場を設置するのも良いかもしれません。

 

エントランスは天井が高く、広いスペースを持ち、共有空間がある方が、入居者にとって魅力ある物件にみえます。

リノベーションで、エントランスを広くすることで、部屋数が減るかもしれませんが、部屋数が多くても賃貸入居率が低かったら意味がありません。

また、付加価値が高くなれば、物件価値が向上するので賃貸料を上げる効果も期待できます。

 

 

 

投資物件で評判のリノベーション専門設計士を紹介してもらえます。

【イエツクル】

東京都.神奈川県.埼玉県.千葉県エリア対応。

リノベーションを考えた時、どんなプロに相談しますか?

リノベーションの経験が豊富で柔軟な発想をもったプロの設計士に相談すると、あなたの「かゆいところ」を先に「かいてくれます」。

中古リノベーション

毎日が楽しいキャットウォーク

例えば、ネコを飼っていてネコの為に「こんなキャットウォークを作りたい」と画用紙に書いて説明するだけで、「それならば、こういうこともできますよ!」「ここに導線を作りましょう」と斬新なアイディアをはじき出してくれたりします。

もちろんそのために必要な強度計算や、生活利便性を考慮したうえでの提案です。

キャットウォークが得意な設計士を紹介します

リフォームとリノベーションでは性質が異なります。

リフォーム会社へリノベーションを依頼することは少し怖い気がします。

 

リフォーム会社へリノベーションを発注するということ

リノベーションをリフォーム会社へ工事発注する事が、ちょっと怖い理由が2つあります。

①営業担当者が現場監督??

リフォーム会社の営業が現場監督を兼任しているケースが多くあります。単刀直入に言ってしまえば、リノベーションの「素人」です。
ここが「かゆいから掻いて」といえば掻いてくれますが、これから「かゆくなる所を先に教えてくれる」ことはないでしょう。

②リノベーションのプロではない

構造躯体の強度を計算しながら設計しなければならない場合があります。基本的にリフォーム会社では出来ないことです。
その場合は外注の設計士に依頼することになります。それなら初めから設計士に工事依頼したほうがトラブルを回避できて責任の所在が明確になります。

リノベーション専門の設計士をココで探す。

 

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!