リノベーションとリフォーム の 違いとは?

 

わが家もそろそろ古くなってきたので、「もうすぐリフォームかな?」と考えているところへ、「リノベーションもできますよ。いかがですか?」と言われました。

えっ!なにが違うの?

リノベーションとリフォームはどう違うのでしょうか?

どちらの言葉も住宅の改修工事で用いられている言葉です。

リフォームとリノベーションはどのように使い分ければ良いのかわからない…という方も多いかと思います。

「古くなったお風呂を新しくしたい!」「和室2間ののしきりをなくして広いLDKにしたい!」こんな場合はリフォーム業者とリノベーション業者のどちらに頼めばよいのでしょう。

明確な定義が存在するわけではありませんが、こちらではリフォームとリノベーションの違いをカンタンにわかりやすく解説します。

 

住宅リフォームとは

 

住宅リフォームとは、古くなった設備や内装などを「新しかった頃に戻す」といったイメージではないでしょうか。

具体的には、次のイメージでしょうか。

  • 色があせたり、汚れたりしているクロスを張り替える
  • ヒビ割れたり、塗装がはげてきた外壁塗装をきれいに塗り替えて、きれいだったあの頃に戻す
  • 経年劣化が進行してきたり、故障が発生したりしているお風呂、キッチン、トイレ等を交換して新しい設備に入れ替える

「壊れたところを直す」「経年劣化が進んでいる設備を交換する」という性質なので、限定的な工事にとどまる場合が多いのが”住宅リフォーム”です。

     

     

    住宅リノベーションとは

     

    住宅のリノベーションとは、古くなった家や設備を刷新して住宅に新しい価値をプラスすることを指すようなイメージでしょう。

    具体的には、次のような工事例でしょう。

    • 遮音性能・断熱性能を向上させる
    • 子供の成長やライフスタイルに合わせた間取りを好きに変更する
    • 内外装の自分好みのデザインに一新する

     

    デザインや性能を抜本的に変えるためリフォームと比較して、大がかりな工事になることが多いのがリノベーションです。

    近年急増している中古住宅のフルリノベーションは、別名「スケルトンリノベーション」とも呼ばれています。

    マンションなどを構造躯体のみまで解体して、内装や設備機器を一新する工事です。つまり、古い部屋を全て壊して新しい部屋を造るという改修工事です。

    このスケルトンリノベーション」を行うことを前提に中古物件を購入して、間取りやデザイン・設備等を好みのデザインにすることを「中古住宅リノベーション」と呼ぶ事が一般的になってきています。

    急速に広がっている中古リノベーション

    日本国内で全国的な社会問題として、「空き家」が増加しています。

    そこにリノベーションを組み合わせることで、住宅資源の再活用ができて社会問題の解消要因ともなっています。

    中古物件の価格は築20年ほどで底値となります、物件によっては新築のおよそ半値以下で購入することが可能となります。

    そこで中古物件を購入してリノベーションして暮らすという新たな住まい方を選択する人が増えています。

     

    中古住宅リノベーションのメリットは

    • 新築を買うより断然リーズナブルに手に入れる事ができる。
    • フルオーダーメメイドで自分達が好きな暮らし方を手に入れることが出来る。

    つまり、これまで難しかった都心部などの新築物件購入を選択するわけではなく、都心部でも手が届く予算で、自分たちの好きな暮らし方を手に入れることができるのです。

    新しい住まいの選択肢として「住宅リノベーション」が確立されています。

    人口減少に伴う、空き家が問題となっている現在では、住宅リノベーションは社会貢献とも考えることができます。

    これを活用しない手はありませんね。

     

    言葉でみるリノベーションとリフォームの違い

     

    日本で最初にリフォームという言葉を使ったのは、服飾業界のようです。

    ドレスのサイズ直しや、着物の仕立て直しという感じでしょう。

    実は、英語でいう ≪Reform≫ は住宅用語ではなかったんです。英語圏では、一般的に「制度や組織の改革・改善の意味」で用いられています。

    ≪リフォーム≫という言葉は、和製英語なんですね。

    対して、住宅の改装・修復に広く用いられているのが、 ≪Renovation≫ です。

    当然英語圏では、建築関係で≪Reform≫と使っても通じませんのでご注意くださいませ。

     

    日本では『リフォーム』という言葉が普及した

     

    なぜか理由はわからないが、わが日本では≪リフォーム≫という言葉が「家の改修工事」という意味意味合いで早く浸透してきました。

    リノベーション会社の中には、本来≪リノベーション≫というべき内容の工事も、わかりやすく伝えるためにわざと『リフォーム』と呼んでいる会社もあります。

    ややこしくなるる理由のひとつですよね。

     

    その背景には”企業の戦略的イメージ”が存在している?

     

    というと少々懐疑的な表現ですね。失礼しました。

    明るい話題で考えてみましょう。有名なところでは、2月14日の『バレンタインデー』があります。

    いつの頃からか、女の子が好きな男の子にチョコレートを渡して告白するという習慣が日本では根付いていますね。

    毎年、バレンタインデーの直前になるとチョコレートの売り上げが爆発的に伸びるそうです。これも企業戦略としては有名な話です。

    最近ではハロウィンでしょうか。若者を中心に日本で根付き始めています。

    ≪リフォーム≫は、LIXILやTOTOなどの設備メーカーを中心リフォーム会社などが、テレビコマーシャルを放映し始めてどこの会社も「リフォームするならLIXILで!」

    「TOTOの節約リフォーム」と大々的に宣伝している影響が大きいのかもしれません。

     

    リノベーションとリフォームを包括的に考察してみましょう。

    リフォーム

    • 経年劣化で古くなったり故障している設備などを修復する。
    • 戸建て住宅の増築などで生活範囲を広げたりする。
    • 賃貸アパートなどの入退去時の状復帰のための修繕。

     

    リノベーション

    • 住居の環境を再整備することで、日々の暮らしの満足感を追及する。
    • デザイン変更や間取りなどの変更により、住まいを最新の空間にカスタマイズする。
    • リノベーション自体にテーマを持たせて住まいの付加価値をプラスする。

     

    今のところは、このようなイメージの使い分けでしょうか。

    ひかリノベさんの施工実績より

     

    リフォームというと リフォームというと

    水周り設備や外壁などの「もの」に重点が置かれて、過ぎ去った時間を取り戻すという原点回帰的な発想のような気がします。

    リノベーションでは リノベーションでは

    リフォームと比べるとリノベーションは前へ進もうとする推進力のような力が存在する気がします。

    そしてそれは、潜在的な意識が未来へ向かう力のような感覚を受けます

    そこには「もの」だけでは表せない、「こと」への訴求があるのではないでしょうか。

    住宅事情が変化して、以前では考えられなかった暮らしを手に入れることが出来るようになった今。

    リノベーションで実現できる「自分たち好みのライフスタイル」と未来へ進む推進力の両方を手に入れることが出来るような気がします。

    それが「リノベーションが急速に広まっている理由」と言えるのではないでしょうか。