リノベ物件なら高利回り投資が実現する

デザイナーズリノベで物件高利回り投資

 

デザイナーズ賃貸リノベ物件は、空室待ちが出るほどの人気物件も出てきています。

デザイナーズリノベーションは、現役の大家さんはもちろんの事、”将来は自分の持ち家を賃貸にしたい”と考えている方にとっても大きな関心事ですね。

「賃貸暮らしだから関係ない」と思っている方も、賃貸リノベ物件は知れば得する情報が盛りだくさんです。

 

デザイナーズリノベ賃貸で物件の価値を高めて、リスクを見直しませんか?

 

要注目! 要注目!
借り手市場になりつつある不動産業界の中で、立地条件が良くないにも関わらず、常に満室で稼働率100%を維持している物件もあります。その秘密は気になりますよね。

 

あなたなら” A” or “B” どちらを選択しますか?

 

おすすめのリノベーション会社 デザインリノベーション物件 選ぶのはどちら? 

A:最寄り駅から徒歩10分以内

1LDK、角部屋、日当たり良好築15年

鉄筋コンクリートマンション

家賃7万円

おすすめのリノベーション会社 デザインリノベーション物件 選ぶのはどちら? 

B:最寄り駅から徒歩15分

1LDK、南向き、築22年、

鉄筋コンクリートマンション

家賃6万5千円

即決で決まったのは

さて、あなたが自分の家を選ぶとしたら”Aの物件”と、”Bの物件”のどちらを選びますか?

築年数の新しさと駅から近い利便性を考えて「Aの物件かな」と答える方が大半でしょう。

 

「Bの物件に決めた!」

 

しかし、実は・・・”Bの物件”を選びました。

Aの物件は、入居者がはなかなか決まりません。

 

 

なぜでしょうか?

 

それは違いは一目瞭然でした。お客さんを内見に案内すると、初めは「Aに決めようかな・・?」

言っていた人が、Bの部屋を見たとたん一目で「Bに決めます!!」即答

 

≪その違いはおしゃれな内装でした≫

 

ひかリノベさんの事例より

は、現状回復せれていて、クリーニング業者が入っていても、内装は昔のままのデザイン。

は、デザイナーズリノベーションが施されていて、友達を呼びたくなるGOODテイストで超おしゃれ内装。防音対策まで改善されていました。

 

ユーザーの住まいを選ぶ選択基準は、一昔前とは大きく変化しています。

上記の例からみても駅チカなどの立地条件や、築年数だけが集客を左右するものではないことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

いまは、「借り手市場」です。

WEBではデザイナーズ賃貸物件の情報が溢れていて、自宅にいながらいつでも閲覧できます。

そして、デザイナーズ物件を閲覧しながら、こう思っています「こんなおしゃれな家に住めたらいいな」と。

このデザイナーズ物件の記憶が、脳にインプットされている状態で、昔ながらの物件を内見しても、さほど響かないと思いませんか。

 

 

昨今社会問題となっている、「人口減少」「少子高齢化」「空き家問題」「都市部集中化」など、賃貸物件の稼働率も、その影響で下落傾向がみえています。

これまで慣習化されて、暗黙の了解となっていた「敷金」「礼金」という考え方も、その価値を失い始めています。

この現象の背景には、賃貸市場での需要と供給のバランスが逆転している背景があるのではないでしょうか。

今後のアパート、マンション経営でデザイナーズリノベーションを検討するなら、

デザイナーズリノベーション賃貸で融資の相談から税金優遇措置まで相談できるデザイナーズリノベーションのプロの会社に相談してみることをおすすめします。

 

SITEMAP