建物の耐久年数とその寿命

建物の耐久年数とその寿命

 

マンション、戸建て住宅などの耐久年数をご存知ですか?
中古物件を購入してリノベーションする前に、建物の耐久年数をご存知いただくべきと思い、気になるポイントを調べてみました。

木造建築工法や鉄筋コンクリート建築でそれぞれ変わってきますが、こちらでは建物の寿命について大まかな指標年数を上げてみます。

住宅耐久年数の見直しが推し進められています。

 

結論から申し上げると、少し前ですが、2011年に早稲田大学が行った調査で”木造住宅の平均寿命は64年”という報告賀されています。

これまで建物の寿命は、20年~25年間で、その資産価値は築30年以降ではゼロ査定になるというのが一般論とされていました。
鉄筋コンクリートのマンションやビルでも40年と一般論では言われていました。

しかし、コレは従来の”新築至上主義”が背景にあり、スクラップ&ビルドを繰り返してきた過去の話でしょう。
新築住宅に暮らすことがステイタスで、立派なこととされていた時代とは今は背景が違います。

人口減少に歯止めが利かない日本で、新築至上主義は崩壊しているといえるのではないのでしょうか。
事実”空き家”が社会問題化されています。それに伴うように国土交通省でも、建物の耐久年数の見直しが推し進められています。

現在では、定期的な修繕をしているか否かによって起こる耐用年数の変化を、建物の価値に反映させようという動きのようです。

そのため、”リノベーションの重要性”が浮上してきたとも言われています。

 

古民家にみる築年数

 

近年では”古民家に暮らしたい”という人が増えて流行となっています。

古民家の築年数は築50年以上、中には築100年以上の建物でも、リノベーションで充分に快適な暮らしが可能な例も出てきています。

 

 

現行一般論での建物各部の平均寿命

※この一般論での寿命年数は、メンテナンスの時期を指しています。
メンテナンスを実施しなければ建物自体に悪影響を及ぼすため寿命と解釈下さい。

防水

  • マンションの場合、アスファルト防水露出では、13~15年
  • アスファルト防水保護工法でも、17~20年とされています

外壁

  • 外壁塗装は、7~10年、シーリング材の寿命は、5~10年が目安。

屋根

  • 木造の場合、瓦屋根25~30年、スレート10~15年。

 

 

リノベーションと建物の寿命

リノベーションを行う上での建物の寿命の考え方は、建物の構造躯体の状態によって左右されます

構造躯体が頑丈であれば、リノベーション費用は大きく削減することが出来ます。

しかし、構造躯体にトラブルがある場合は、構造躯体の修繕を優先して行わなければなりません。

リノベーションの工事は構造躯体の修繕後からとなってしまいます。この場合の費用は大きく跳ね上がります。

仮に基礎工事からやり直すとなると、もはやリノベーションという概念を当てはめて考えるには無理があります。

リノベーションと呼ぶよりも、あきらかに「建て替え」です。

 

中古物件を購入する場合は、残り寿命を充分に考慮した上で購入することが必要です。

中古物件を購入後に、リノベーションを行う希望であればリノベーションのプロが相談に乗ってくれます。

建物の寿命のことや、構造躯体が心配ならばプロにいちど相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

SITEMAP