リノベーション費用を新築と比較してみた!

リノベーション費用を新築と比較してみた!

 

その勢いを増すばかりのイメージが強い中古リノベーションです。

根強い人気の理由のひとつにコストパフォーマンスの良さがあります。
中古の不動産物件を購入してリノベーションを実施した場合と、新築を購入した場合で費用にどれほどの違いがあるのでしょうか?

中古リノベーションのコストパフォーマンスと新築購入の費用の違いを比較してみました。

これから中古住宅を購入してリノベーションしようか? 

それとも新築住宅を購入しようか?

とお考えの人には、参考になるヒントがあるかと思います。

 

上限ある予算内での有効活用を求む!

 

人生でもっとも高額な買い物とされる住宅購入ですが、ほとんどの方の住宅購入資金には上限があります。

可能であればその上限金額以下で、立地条件が良くてライフスタイルに合った住まいを手にしたいと思うのが人情というものです。

 

住宅を購入する時に考えること

 

まずは、多くの方に共通するであろう『住宅購入の葛藤』から見てみましょう。

  • 本当に暮らしたい場所 vs 妥協した場所(ロケーション)
  • マンション vs 戸建て住宅 
  • 中古 vs 新築
  • 建売 vs 自由設計

 

残念な事に、全てが理想通りに実現することは、稀な恵まれたケースでしょう。

やむなく優先順位を決めて、妥協の選択が多くなってしまいます。

そこで優位な選択となるのが中古リノベーションという選択です。

 

新築よりも20%安が目安

新築物件は築年数15年ほどで価格が大きく値下がりする傾向にあります。

中古物件購入価格と、リノベーション工事価格を足して、近しい条件の新築より20%以下になれば資産価値の上でも優れたコスパといえるでしょう

 

 

リノベーションによるコストパフォーマンス

 

    • 築15年~の中古物件を購入できれば、その資産価値下落率は緩やかになります。つまりコスパは新築購入よりも高くなります。
    • 新築では、住居スペースが確定しているため、そのスペース内での限定的な 生活をしなければなりません。

中古リノベーションは、自分たちの生活を中心にした空間を造ることができます。

 

ここで、新築購入よりも、中古物件のリノベーションをする際にコスパを上げるためのポイントをご紹介します!

 

ポイント  ポイント 
中古物件を購入してから、リノベーションが完成するまでの時間的ロスを上手に回避するようにしましょう。

 

ポイント  ポイント 
建築法の改正によって、現在の基準を満たしていない建て方をしている場合、リノベーション費用が高くなるので、コスパは下がってしまいます。怪しい場合は事前確認が必要です。

 

リノベーションのコスパを上げるには、最適な中古物件探しが重要ということになります

または、中古であっても、すでにリノベーションが施されている物件ならば時間のロスも生まれないので、住宅購入時に視野に入れる価値があると思います。

 

 

SITEMAP