リノベーションのサポート窓口
引用:ひかりのべ施工実績
 理想の暮らしを手に入れるリノベーション。
  • 自分好みのデザインに囲まれて暮らしたい
  • 中古物件を購入して、オシャレに改築したい
  • 建て替えよりも予算を抑えたい
  • 投資物件を高利回りにグレードアップしたい

 こんな望みを実現させて理想の暮らしを手に入れる事ができる新たな方法として

『中古リノベーション』が急速に広まっています。

リノベーションは、自分好みのデザインにカスタマイズした生活空間を手に入れることができるのと同時に、物件の資産価値を向上させる無限の可能性を秘めています。

 

 リノベーション成功の鍵は?

理想の暮らしを手に入れるためのリノベーションを成功させる為の最大の鍵は、

「上限ある予算内で、あなたのアイデア・イメージを引き出して形にしてくれるリノベ業者を探すこと」です。

あなたがどれほど素晴らしいイメージを持っていたとしても、リノベ業者に技術力がなければ、それは机上の空論で終わってしまい妥協を余儀なくせざる負えない結果で終わります。

また、限られた予算の中で理想を手に入れることが目的のリノベーションにありながら、望みを叶えるために膨大な予算が必要となるのならば、リノベーションを選択する価値そのものが存在しません。

では、自分の望みを叶えてくれるリノベーション業者を探すにはどうすればよいのでしょうか?

 リノベ業者の選び方3つのポイント

こちらでは大枠の選択方法を述べています。

リノベ業者選びの注意点、詳細ポイントはこちらを御覧ください。

おすすめのリノベーション会社
引用:ひかリノベ施工実績

POINT.01 施工実績

最初のポイントは、施工実績です。
リノベーション業者のホームページや資料には、その業者が施工してきたこれまでの施工実績が掲載されています。

施工実績のポイント
  • 自分たちの描いているイメージに合った設計・デザインがあるか
  • 参考にしたいデザインはあるか
  • 豊富なデザインパターン事例が掲載されているのか

施工実績は、リノベ業者の得意分野がよくわかる格好の材料です。

例えば、どんなデザイナーであっても得意分野は確実に存在します。ドクターでオールマイティなドクターがいないことを考えていただければ理解しやすいのではないでしょうか。

わかりやすいところでは、店舗のデザイン、施工をメインで行っている業者は、住宅で使用する建材についての知識が乏しいことが往々にしてあります。

店舗デザインとまでは行かなくとも、照明器具ひとつ考えてみてもその数はおそらく何千種類と存在します。

中古リノベで必要な建材は、ざっと考えても壁紙、床材、水回り設備のトイレ、キッチン、浴室、洗面化粧台、建具、照明機器、外壁塗料など多岐にわたります。

おそらく、この全てを把握しているデザイナーやインテリアコーディネーターは存在していないでしょう。

それぞれのリノベ業者で得意な分野は必ず存在しています。

オーダーしようとするリノベ業者にどんなセンスのデザイナーやインテリアコーディネーターがいるのか?

これは、見積もり依頼をする以前の資料請求などの時点で目星を付けておく必要があります。

中古リノベを検討している方が求めていること

このサイトをご覧になっている方の中で、中古リノベを検討している方が求めていることのひとつに「痒いところに手が届くリノベ業者」ということがありませんか?

もっと言えば「これから痒くなるところを先に教えてくれるようなリノベ業者」

つまりユーザーが望みをひとつ伝えれば、そのアイディアを予算を掛けずに膨らましてくれるようなプロのリノベ業者を求めていたりしませんか?

おそらくリノベーションを検討している多くの方が求めていることではないでしょうか。

そのリノベ業者に出会うことができれば、それはあなたととても相性の良いリノベ業者との出会いとなります。

そのためには、まずはじめにリノベ業者の施工実績をサイトや資料請求で、1件でも多く見てみることが近道です。.

POINT.02 見積金額と相見積もり

2つ目のポイントは、見積依頼です。

見積もりは、最低でも~3社へ依頼して相見積もりとすることが大切です

相見積もりのポイントとしては、「同一条件」で見積りを依頼をするこです。条件や予算を合せることで、公平かつ正確な比較ができます。

2社も3社も見積もりを依頼して、その都度立ち会うのは手間と時間ががかかるし、抵抗があると考えてしまう方もいるかとは思います。

同一条件で見積もりを依頼しても、業者によって金額はかなり違うことがよくあります。

見積り金額が違う理由とは

単刀直入に結論から申し上げると、それはリノベ業者によって社内規定価格が違うからです。

わかりやすく例えると、テレビコマーシャルを放映していて数百人規模で社員がいる会社と、数十人単位の会社では毎月の固定経費が桁違いです。

つまり、1件の受注に固定経費分を上乗せして受注しないと会社が存続できなくなるということです。

どのリノベ業者を選択するかはユーザーの価値観次第ですが、フルリノベの場合その金額差は100万円単位で開きがあることはよくあります。

「大手住宅メーカーだから高くても安心を優先して選択したい」という方もいますのでどちらが良いとは言えませんが、同じ建材を使用して同じ施工内容でも費用に大きな開きが生じることはよくあることです。

どちらを選択するにしても、複数社に相見積もりを依頼しないことには、その違いもわかりません。

手間と時間は必要になりますが、本当に望みを叶えて理想の生活空間を手に入れるためには重要なステップです。

POINT.03 担当者

3つ目のポイントは、担当者です。

なぜ担当者が3つ目のポイントなのかと思う方もいるのではないでしょうか。

そのような方には少々ショッキングなお話になるかもしれませんが、大切なことなのでお話させていただきます。

多くのリノベ業者は、いちばん最初に現場調査に来た人がその現場の営業兼現場担当になります。

つまり、リノベが満足できるか不愉快なリノベーションに終わるかは、担当者の力量に大きく左右されます。

※見積書の金額がどれだけ安くとも、お洒落なデザインイメージでも、リノベ業者の担当者の力量が乏しければ満足できなくなる可能性は大きいのです。

リノベの打ち合わせ回数

小規模のリフォーム工事とは違って、中古リノベーションの場合、打ち合わせ事項は多岐に渡ります。

例えば、金額が一番安かったからというだけの判断で、信頼に値しない担当者の会社に発注してしまうと、打ち合わせの都度大きなストレスを抱えてしまいます。

「そんな担当者はいないだろう」とお考えの方は、ぜひ複数社へ相見積もりを依頼してみてください。

実際に「えっ!ド素人?」「そんな常識も無いの?」「施主と打ち合わせもスムーズにできないのに職人に指示を出せるの?」と言いたくなる人が存在しています。

発注前ならば、その会社自体見送ることは出来ますが、発注してしまった後で気づいた場合は、リノベ業者に連絡して担当者を替えてもらうことも検討するべきでしょう。

担当者で失敗しないための対策

リノベの場合、担当者で失敗してしまうことほど悔やまれることはありません。

その対策としては、上記でお話ししたように初回の現場調査に来る人が多くの場合に担当者となるので、そこでの見極めが重要になります。

具体的な見極めの方法としては、『質問』がもっとも有効です。

『質問』してその対応力を見極める事ができます。そして『求めていることを本当に理解しようとしているかどうか』が判断できます。

最初に述べたように、中古リノベは上限の予算が決まっている中で理想の暮らしを手にいるることを可能に出来る方法です。

しかし、それにはリノベーションのプロの知識と技術が必要不可欠です。

現場調査に来る人に質問を投げかけることで、その応えも明確になります。


 

中古リノベは新築物件とは違って、築古の不動産物件をベースに「あなた好みの理想の生活空間」を創造します。

すなわち、ゼロからの創造です。想いに共感できるリノベ業者の選択が大切です。

思いに共感できていなければ、すべての波長が合わなくなってしまうので、その結果で相違でトラブルが起こります。

つまり、中古リノベーションでは信頼して全てを任せられる会社を探すことが重要課題ということです。

失敗しないリノベーション オススメのリノベ業者3選

失敗しないリノベーション業者

上記でも記述した通り、複数社への相見積もりが「理想の暮らしを手に入れるためのリノベ成功の基本原則」とご理解ください。

こちらでご紹介するリノベ業者は、豊富な施工実績とリノベーションの専門性などからもっとも信頼できるリノベ業者です。

しかし、それぞれの会社で得意な分野というものは存在しており、またそれぞれの会社に特徴や強みもあります。

まずは3社へ資料を請求して、じっくりと比較してみることが大切です。

 01.ひかリノベ

 リノベーションならひかリノベ おススメのリノベーション会社 ひかりのべ

 

 POINT

「好きな街。好きな暮らし」をコンセプトに、物件探しから設計、メンテナンスまで

『ワンストップリノベーション』

で依頼することができる関東地区最大手のリノベーション専門会社です。

  • 物件探しからデザイン・工事まですべてをワンストップで依頼することができる会社。
  • 非公開物件を含む約8万件の物件情報から、望みのプランと希望条件に合う物件を専属コーディネーターが探してくれます。お宝物件が見つかるかも!
  • 各分野のプロがタッグを組んで「あなた専属チーム」を発足します。デザイン会社・不動産会社・工事会社がバラバラなことで生じる、プランの抜け漏れやイメージのズレが防止できます。
  • リノベーション専門のファイナンシャルプランナーも常駐しているので、資金の融資相談から税制優遇の相談までできます。
リノベーションのサポート窓口
ひかリノベ施工例
リノベーションのサポート窓口 ひかリノベQ施工例02
ひかリノベ施工例

本物のワンストップリノベーションが実現できるリノベのプロ集団です。

 

 

 02.LOHASstudio(ロハススタジオ)

5おススメのリノベーション会社 ロハススタジオ

 

POINT。

関東を中心にしたロードサイド店舗を展開している大手リノベーション会社です。

各店舗はカフェのような雰囲気で、商談がなくてもフラッと立ち寄りたくなる温もりがあります。

請求資料でもらえる資料には、たくさんのリノベ事例が掲載されています。

「近々ではなくて、まだ具体的なプランは考えていないけど、リノベに興味がある。」

という方は、一度HPを訪問し、資料請求してみてはいかがでしょうか。

 

 03.リノベる

 リノベーション(中古マンション)ならリノべる。

日本全国対応のリノべる公式サイト

最近話題のリノベーション、お好みにあわせてリノベーションをする方がとても増えています。「リノベる。」ではリノベーションのデザイン・施工はもちろん、中古マンション・住宅の物件探しからサポート。さらに物件購入費用+リノベーション(+家具購入)費用をまとめて住宅ローンを組むことができる特別ローンもご案内が可能です。子育てファミリーやご夫婦、二人暮らし、単身タイプまで、さまざまな中古マンション・住宅のリノベーション事例を紹介しています。

全国にショールームがあるのも「リノベる。」ならではの特徴。コストはかしこく抑えて、住みたいエリアで間取りも内装もすべて自由に。“したい暮らし”にあわせて住まいをつくることのできる、中古マンション・住宅のワンストップリノベーションサービスです。

日本全国で対応しているリノベーション業者です。

物件購入費用から家具購入費用、リノベーション費用まで住宅ローンに組み込めることも魅力

 

 

リノベーションのメリット

POINT! 3つのコスパ

リノベーションの最大のメリット。それは何といっても『3つのコストパフォーマンスといえます。

01.資産価値でのコスパ

新築から、10年~15年目までが不動産価値としての下落が激しいとされます。

リノベ物件では、このような資産価値の下落に悩まされることもありません。

02.節税面でのコスパ

新築物件では、不動産取得税や固定資産税が高額になります。

中古物件をベースにしたリノベーションでは、物件の評価額が低いため、これらの税金を抑えることもできます。

03.工事費用のコスパ

戸建住宅で、壁、床を新設するフルリノベーションでも、躯体や基礎を再利用するので、新築の7割程度の予算で工事ができるコスパがあります。

優れたコストパフォーマンスの反面、「不動産評価額が低い」ということは、借り入れローンの上限融資額の条件が厳しくなるケースがあります。

また、売却時の査定額が希望金額以下となるなどのデメリットも考えられます。

 

リノベーション費用 vs 新築費用 費用コスパの比較

 

あなた好みにリノベされた空間で暮らしてみませんか?

リノベーションなら「ナチュラルテイスト」「モダンテイスト」「西海岸テイスト」「アーバンテイスト」など、自分好みの生活空間を手に入れることができます。

こちらのページの最後に、リノベーションされた上質空間の一部をご紹介します。

 

おすすめのリノベーション会社 おすすめのリノベーション会社 おすすめのリノベーション会社 おすすめのリノベーション会社 おすすめのリノベーション会社 おすすめのリノベーション会社

 

SITEMAP