費用の差が大きいリフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いとは?

まずは、リフォームとリノベーションの違いからお話ししましょう。
この違いに関しては明確な線引きが存在しているわけではなく抽象的な使い分けがされています。

リノベーションとは

リノベーションと呼ばれる工事は、給排水・電気・ガスの配管や天井・壁・床の下地に至るまでを全面的に改修する大規模改修を指します。
一方のリフォームが中規模の修繕を意味するのに対して、リノベーションは大規模改修の意味で用いられています。

高額な新築マンションには手が届かない場合、割安な中古マンションを購入して、ライフスタイルに合せた好みのスタイルに改修をするケースです。
リノベーションの改修内容はそれぞれですが、設備などを最新のものに入れ替えたり、間取り変更やデザインの変更などで、既存とは違う新たな価値を生み出します。

また、リノベーションは、賃貸向けなどの投資用物件としても活用されています。

リフォームとは

リフォームとは、主に補修・修繕、増築、改築など、既存建物に手を加える中規模工事全般を指します。
リフォームには大別して、経年劣化に対応した修復工事と子供の成長などのライフスタイルにあわせた改築工事があります。
具体的に多いのは、外壁の塗り替え、内装(クロス)や床の張替え、水まわり設備の交換などがあります。


数年前までは、「リノベーション」という言葉自体あまり耳にすることがなかった言葉です。
しかし、近年中古物件を安く購入してリフォームし、その後そこで暮らすスタイルが増えてきました。

一般的にはそのような大規模リフォームを「リノベーション」小規模工事を「リフォーム」と使い分けているケースが多く見られます。

 

リフォームとリノベーションの費用の差はどれくらい?

気になる費用ですが、こちらに関してもやはり明確な定義は存在していません。

例えば、トイレの便器交換は「トイレりフォーム」キッチン交換は「キッチンリフォーム」と呼んでいます。
「トイレリノベーション」「キッチンリノベーション」という呼び方は、僕らもお客さんもしません。なんだか耳に違和感を感じます(笑)。

トイレの便器交換のみであればスタンダードタイプの交換として、およそ6万円~ キッチン交換で25万円~ 程度でしょう。
リノベーションとなると、総改修のイメージが強くなるので60平方メートル程のマンションで間取り変更なしの総改修で300万~程度でしょう。

30坪程度の戸建て住宅で外壁塗装、屋根塗装まで含めると500万円程の費用はかかってしまいます。

最近では賃貸住宅などでプチリフォームと呼ばれる小工事が流行り始めていますが、費用的には5万円以下の工事はあまりリフォームとは呼んでいませんね。

大体「小工事」と呼んだりしています。

 

住宅リノベーションが増加している背景

住宅リノベーションは上記のように、従来のリフォームとは一線を画すことは知られていますが詳しいことまで把握している人は多くありません。
リノベーションが増加している背景には、日本独特の住宅事情が見受けられます。

それは、昭和から現在まで住宅を増やし続けてきた日本は、今人口減少問題に陥っています。
その結果が住宅余り現象、つまり「空き家問題」といわれ近年では国策として対策されています。

東京でも「空き家問題」は増えてきています。地方にいたっては大分顕著な問題となっています。
そこで、若い世代にも手が届く中古住宅を、安く購入し住宅リノベーション後そこで暮らすスタイルが普及してきています。

都心部では、団地の空き家が増加しており、なかには200万円台で購入できる物件も存在しています。
200万円台で購入して、300万円ほどでリノベーションしても、トータルでは500万円程度で収まるわけですから、家賃10万円のアパートに暮らすよりは経済的と考えるのでしょう。

 

リフォームとリノベーションの違い

 

トラブル対策「リノベーションの専門業者の選び方」

住宅リノベーションの増加と共にトラブルも増加しています。
特に多いのがマンションの水周りトラブルです。マンションの場合は漏水など大事になってしまいますので、業者の選定をきちんと学ぶことが重要です。

リノベーションの場合にWebで安い施工業者を見つけて分離発注した場合などは、責任の所在が曖昧になってしまう場合があるからです。
たとえば、マンションで給湯器の安い業者と浴室(ユニットバス)リフォームの安い業者を探してそれぞれ分離発注した場合などで、給湯の不具合が発生した場合がそうです。
責任の所在が不明確になってしまいます。

他にもリノベーションの分離発注トラブル事例は多くあります。

それには、一括でリノベーションを請け負ってもらえる業者の選定でトラブルを回避することが出来ます。
また、リノベーション工事済みの不動産物件も都心部を中心に増えてきています。

リノベーション工事済みの不動産物件を専門で取り扱う業者も増加しています。
住宅リフォームの段階で、施工責任者と上手くコミュニケートしていないとトラブルが多くなってしまう業界です。

リノベーションとなると、床材の選定から壁紙の選定、キッチンの色、水栓の種類、数々のオプション選択と業者と摺りあわせなくてはならない箇所が多岐にわたります。
住宅リノベーションの場合は、これらを信頼できる業者の選定をするのですから、判断基準は明確に持つべきです。

 

まとめ

こちらでは、リフォームとリノベーションの違いと費用の差について簡単にお話ししました。

費用の違いだけで呼称が変わるものではありませんが、リノベーションが大規模工事、リフォームが中規模工事くらいの線引きでしかありません。

”リノベーションという選択”これからの住宅事情

 

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!