中古物件購入後ではもう手遅れ!「R-1住宅認定取得」

 中古物件を買う前に知りたかった!汗(´;◞౪◟;) R-1住宅認定取得

 

R-1住宅認定取得
重要インフラ等、第三者機関の定めた検査基準をクリアすることで取得でき主要部に2年の保証及びリノベーション情報の蓄積。
(※R-1住宅:(一社)リノベーション住宅推進協議会の定めた認定基準に則ったリノベーションを施した住宅を「適合リノベーションR1住宅」といいます。)

 

 

 

少々わかりにくいですよね。

もう少し分かりやすく説明します。

 

 

 

適合R住宅と安心R住宅

 

適合リノベーション住宅とは

適合R1住宅

参照元:リノベーション住宅推進協議会

 

適合リノベーション住宅とは、きちんと検査をしたうえで必要な改修工事を施され、その記録を住宅履歴情報として保管されています。

住宅履歴情報があれば、点検やメンテナンスがしやすく、将来売却するときにも有利です。

また、万が一の不具合に対してもアフターサービス保証がついてくるので、安心して選べるリノベーション住宅ということです。

 

 

 

中古不動産を購入する時に物件の品質が保証されているということです。
安心できる理由をもう少し詳しく見てみましょう。

 

 

 

①重要インフラの検査

給水管・排水管・給湯管・ガス配管・電気配線・分電盤・火報設備・下地組(床・壁・天井)・浴室防水の生活インフラ13項目に関して、検査基準を設定がされています。

 

②重要インフラの保証

重要インフラ13項目に関し、新規・既存に関わらず、2年以上の保証を付帯(アフターサービス保証書の発行)しています。

 

②住宅履歴図書の保管

以下の書類を住宅履歴に保管することを義務としています。
(1)平面図(2)仕上げ表

更新した場合:
(3)配管図(4)配電図(5)設備位置図

※ 消費者は、IDとパスワードで協議会のホームページからいつでも住宅履歴を確認することができます。

 

 

おわかりいただけましたか。
適合リノベーション住宅は、中古不動産物件を購入する前の不安を解消できる大切な指針です。
つまり、リノベーションを実施すれば資産価値として、保証してもらえるってことでもありますね。

 

 

 

マンションの場合

管理組合により適正な管理が行なわれているかがチェックされます。

下記の図書が備わっていること。

・「管理規約」
快適なマンション生活を維持するために、マンションの実状に応じたルールが載っているものです。
・「長期修繕計画」
長期的かつ計画的な修繕を適切にするためのものです。

<

適合R住宅と安心R住宅

適合リノベーション住宅

参照元:リノベーション住宅推進協議会

 

住宅区分での基準

 

住宅タイプ適合リノベーション
住宅タイプ
安心R住宅
区分所有マンション専有部(マンションー住戸)R1安心R住宅
マンション(一棟まるごとリノベーション)R2安心R住宅
戸建住宅R3安心R住宅

住宅のタイプによって呼称が変わります

区分所有のマンションは 「R1」
マンション丸ごとは「R2」
戸建て住宅は「R1」

 

 

適合R住宅&安心R住宅を手に入れるには

いかがでしたか?

せっかくリノベしようと中古物件を購入しても、トラブルが!

こんなことは絶対に避けたいですよね。適合R住宅なら安心できます。これならおススメできます!
リノベーション住宅推進協議会に加盟しているリノベ会社なら、適合R住宅を紹介してもらえます。
お客様が納得する物件また相談先を探してみてください。きっと”良い出会い”があるはずです。

 

中古リノベTOPICS  SITEMAP 

 

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!