リノベ物件探しの内覧は「昼夜の2回」行くべし!失敗しない物件探し

リノベ物件探しの内覧は「昼夜の2回」行くべし!失敗しない物件探し

 

内覧は1回だけ?

 

中古マンションの内覧って、1回で終わらせなきゃいけないって思っていませんか?

ついつい遠慮がちに、何度も「内見させてください」って言ったら悪いかな? 迷惑かな?と思いがちではありませんか?

ご安心下さい。ぜんぜん気にする必要はありません。

不動産は人生でそうそう何度も買い物するものでは有りません。ほとんどの方が人生で一番高額な買い物です。

「一度では見えないこと」は必ずあります。できれば2回以上内見に行くことをオススメします。

多忙で行けない人もいると思いますが、大切なことなので昼と夜の2回見た方がいいと思います。

昼間の内覧で見るポイントは?

日中の日が差す時間帯の内覧では日当たりを確認することが出来ます。

午前中ならば寝室の朝日をチェックすることが出来ます。

昼間に照明をつけなければ生活できないのかどうかを確認できます。

早朝は、朝の雰囲気。付近の通勤・通学の様子、ごみだしの雰囲気も確認できます。

また、昼間であれば、近所の学校や幼稚園、公園などの音がどれだけ響くか、交通量はどれほどなのかをチェックできます。

これらは実際に家の中にいないと分からない部分です。

昼間はマンションの清掃の状況や、管理人の方に質問することもできます。

 

夜間の内覧でみるポイントは?

 

 

夜間の内覧でも交通量や騒音が確認できます。

なによりも大切なのは治安です。昼間とは違う角度で確認することができます。

付近の道路の夜道の明るさや、人通りを確認することもポイントです。

購入後に後悔している人から聞いた話では、内覧は昼間に一度だけで済ませてしまい、昼間は静かな住環境と思って購入したのに、深夜に騒ぎ出す若者達が頻発する地域だったということもあるみたいです。

 

まとめ

内覧は一度っきりという決まりはどこを探してもみつかりません。

何度でも納得するまで見せてもらっても問題ありません。

いざ、購入するとなると不動産業者に手数料をお支払いすることになるのですから、遠慮なく申し出ましょう。

その役割が不動産業者の仕事ですよ。

※ 2回、3回と内覧希望するお客さんは、購買意欲が強い!買ってもらえるかも。と思ったりしていますよ。

 

あなたの人生で最大金額の買い物かもしれません。慎重に決めましょうね。

このブログでは、中古 リノベーションのTOPICSをまとめています。

◆中古リノベTOPICSまとめ

 

 

 

中古リノベーション物件探しから相談してみては?


中古リノベ物件探しはけっこう疲れることなんです

 

中古リノベーションの物件探しは、楽しみのうちではあるものの、結構な体力と頭を使って疲れるますよね。

多忙で、探す時間がなかなかつくれない。夫婦の時間が合わない。そんなときに助けてもらえるのが「ひかリノベ」さんの「オールインワンのワンストップリノベーション」。

ズバリ望みのリノベーションに合った中古物件を探してもらえます。

 

物件探しを依頼する業種で大きな違いが!

 

リノベーションのプロが中古物件を探すのと、不動産のプロが物件を探すのとでは”大きな違い”があります。

その大きな違いわかりますか?

それって、かなり大きな違いがある様な気がしません?

 

リノベーションのプロの中古リノベ物件の探し方

 

まず、不動産業者は予算と地域、間取りなどから、希望する物件を探して紹介してくれます。当たり前ですよね。

リノベーションのプロが探す物件は、予算、地域、間取りに加えて、購入後のリノベーション工事のことも考慮して紹介してくれます。

中古住宅って経年劣化が進行していて当たり前なんですね。つまり住宅が痛んでいるということです。

中古物件を購入後に、いざリノベーションをしようと考えていても、建物の構造躯体の経年劣化がひどい状態で、最悪リノベーションができないなんてことも想定できます。

リノベーションができたとしても、その費用は大きく跳ね上がってしまいます。

 

リノベーションのプロが中古リノベ物件を探すということは

 

つまり、購入後のリノベーション工事を優先的に考えてくれるので、構造躯体の修繕が必要か不必要かなど工事費用に大きく関わる部分をチェックして紹介してくれます。

不動産業者へリノベ物件探しを依頼するの場合との大きな違いはここです。

不動産業者は、希望の中古物件を販売するのが仕事。

リノベーション会社は、望みの生活空間を実現する為に、自分たち好みのデザインが可能か不可能かも考慮してもらえます。

不安要素を残さずにリノベーションに向き合える、ということではないでしょうか。

 

まずは、資料請求から始めてみてはいかがでしょう。

>>>ン>ひかリノベ 公式サイト・資料請求

 

 



リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!