水まわりのメンテナンス周期はどれくらい?

水まわりのメンテナンス周期はどれくらい?

水まわりのメンテナンス周期

水まわりのメンテナンスのは、点検や部分補修は5年毎などに行うのが理想的ですが、水漏れなどのトラブルなどが発生しない限り定期的に点検を行う人はあまりいないと思います。

ただ、全体的なリフォーム時期としては15~20年を目安に考えられている方がほとんどのようです。

水回りのメンテナンス周期としては、点検や部分補修は5年毎などに行うのが理想的で、配管の点検は毎年行うのが理想的です。

 

水まわり設備のチェックポイント

ユニットバス

シーリングの打ち替え時期:10年〜15年ごと
ユニットバス本体の交換時期:15年〜25年

※在来浴室の場合は、浴槽の材質ごとに交換時期が異なります。
FRP浴槽は10年〜15年、大理石浴槽は12年〜25年、ホーロー浴槽は15年〜25年が交換時期の目安となります。
また、タイル壁・床の交換時期は、15年〜20年が目安となります。

キッチン

カウンターの交換時期:12年〜20年
水栓の交換時期:12年〜25年(パッキン交換目安は5年ごと)
ガスコンロの交換時期:8年〜13年
換気扇の交換時期:8年〜13年

トイレ

パッキン・フロート弁の交換時期:約3年ごと
トイレ本体の交換時期:10年〜15年

洗面化粧台

部品の交換時期:約10年ごと
本体の交換時期:13年〜25年

給湯器

消耗品の交換時期:約5年ごと
給湯器本体の交換時期:7年〜13年

 

わが家をセルフチェックしましょう

浴室・洗面所

タイルの割れ、ハガレがある
扉の動きが悪い

キッチン

シンク(流し)のツマリ、臭い、水漏れがある
扉、引き出しのガタツキ、動きが悪い
ガスレンジ(IHレンジ)の不具合
水栓類や給湯器の不調
キッチンカウンターのグラグラ
換気扇からの異音
浄水器の汚れ、動作不良

トイレ

便器のガタツキ、水漏れ
手すりがぐらつく
扉の動きが悪い

 


 

毎日の暮らしの中で、必ず使用する水まわり設備の経年劣化は避けられません。

ほぼ同じ時期(10年~15年くらい)に水まわりの設備は、交換時期を迎えます。

個別に交換工事を施工するより、一度に水まわり設備をリフォームすることで費用面、工期の短縮などもさることながら、水まわりの生活空間がリフレッシュすれば暮らしに輝きがプラスされますよね。

ht017_l

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!