【神奈川】賃貸リノベーションと集客率の関係性

【神奈川】賃貸リノベーションと集客率の関係性

投資物件リノベーション

神奈川で賃貸経営をするときに、問題となるのが築年数です。

築年数が浅い建築直後は、比較的入居者集めも簡単にできます。

 

しかし、建築から年月が経ち築年数が古くなると、入居者集めは容易ではありません。

新築物件との比較対象となるので人気で劣ってしまい、空室対策を実施する必要があります。

空室対策として効果的なのが、「家賃の値下げ」と考えるオーナー様も多いかと思います。

神奈川の賃貸相場より家賃を下げることによって入居者を確保する手段は、すでにどこも空室対策として頻繁に用いられています。

 

競合と変わらない対策を行って、賃料を下げても経営の「特効薬」にはならないでしょう。

もちろん、家賃を下げるとオーナーの収入が減るので、賃貸経営に悪影響が出ます。

 

 

 

他の入居者への対応が必要になる可能性もあるので、家賃を下げる対策はできれば取りたくないのが本音です。

そこで、もう一つ効果的な空室対策の手段が、「リノベーション」です。

リノベーションをして古くなった室内を新しくしたり、最新の設備を入れることによって、魅力的な賃貸物件に変えることができます。

集客率のアップを見込めるので、古い物件で賃貸経営をしているオーナーの間では、リノベーションもよく使われる手段です。

 

しかし、リノベーションは集客率アップの効果を期待できる反面、期待ほど効果を感じられないこともあります。

期待ほど効果を感じない理由の一つは、入居者のニーズを無視したリノベーションです。

室内をおしゃれにしたり最新の設備を入れても、入居者のニーズを無視していると、集客率のアップは見込めません。

 

また、リノベーションに費用をかけすぎると、家賃を収入で回収できなくなります。

そのため、築年数は古いのに家賃が高い物件となってしまい、賃貸経営に逆効果となることもあるのです。

 

神奈川で賃貸物件のリノベーションをするときに大切なことは、まずはニーズを把握してから行いましょう。

また、リノベーションに書ける費用は、家賃とのバランスを考えて計画を立てなければいけません。

ニーズと費用を考えながらリノベーションを行えば、古い賃貸物件にとっては効果的な空室対策になるでしょう。

 

近年では、30万円くらいからできるデザインリノベーションを用意されています。

交換するのではなく、再生することでコストを抑えて、おしゃれで可愛いカラーリングの内装(パターン塗装)

間接照明でお部屋を魅力的に再生することが可能です。

近隣の事情を考慮しながら希望する入居者のイメージを絞り込んで、そのニーズにあったリノベーションが必要です。

いちど専門の設計士に相談してみてはいかがでしょうか。

 

投資物件で評判のリノベーション専門設計士を紹介してもらえます。

【イエツクル】

東京都.神奈川県.埼玉県.千葉県エリア対応。

リノベーションを考えた時、どんなプロに相談しますか?

リノベーションの経験が豊富で柔軟な発想をもったプロの設計士に相談すると、あなたの「かゆいところ」を先に「かいてくれます」。

中古リノベーション

毎日が楽しいキャットウォーク

例えば、ネコを飼っていてネコの為に「こんなキャットウォークを作りたい」と画用紙に書いて説明するだけで、「それならば、こういうこともできますよ!」「ここに導線を作りましょう」と斬新なアイディアをはじき出してくれたりします。

もちろんそのために必要な強度計算や、生活利便性を考慮したうえでの提案です。

キャットウォークが得意な設計士を紹介します

リフォームとリノベーションでは性質が異なります。

リフォーム会社へリノベーションを依頼することは少し怖い気がします。

 

リフォーム会社へリノベーションを発注するということ

リノベーションをリフォーム会社へ工事発注する事が、ちょっと怖い理由が2つあります。

①営業担当者が現場監督って本当?

リフォーム会社の営業が現場監督を兼任しているケースが多くあります。単刀直入に言ってしまえば、リノベーションの「素人」です。
ここが「かゆいから掻いて」といえば掻いてくれますが、これから「かゆくなる所を先に教えてくれる」ことはないでしょう。

②リノベーションのプロではない

構造躯体の強度を計算しながら設計しなければならない場合があります。基本的にリフォーム会社では出来ないことです。
その場合は外注の設計士に依頼することになります。それなら初めから設計士に工事依頼したほうがトラブルを回避できて責任の所在が明確になります。

リノベーション専門の設計士をココで探す。

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!