リフォーム費用「減る」or「増える」の分岐点

リフォーム費用「減る」or「増える」の分かれ道

 

「10数年に一度の水まわりリフォームなので」とあれも、これもつけたいと奮発して工事を増やしすぎると、気が付けば大幅な予算増という事にもなりかねません。

水まわりのリフォームプランを完成させるまでは、プランを照らしながら、本当にそのオプションは必要か、妥協できるところはどこかなど、専門のリフォーム業者と相談して進めることも大切です。

とはいえ、コストアップしそうな箇所や、逆にコストダウンできる箇所を知っておくと便利ですので、一部を紹介します。

 

水まわりリフォームの費用が増えがちなケース

リフォームで費用が増えてしまう要因はいろいろあります。

なかでも、工事途中での追加工事はその代表とも言えるでしょう。

戸建て住宅の洗面台の交換の際に洗面所の床板を部分補修との予定が、シロアリ被害により根太まで交換しなければいけなくなった。

工事をしてみなければわからないケースもあります。

キッチンの浄水器オプションや食洗器、オーブンレンジ、ユニットバスの浴室内テレビ、マッサージ機能など。オプション設備を採用すると設備材料費が増えます。

予算とプランニングを確認して決定しましょうね。

 

水まわりリフォームの費用減額のケース

追加オプションなどで見積りが高くなりすぎた場合、コストダウンを考るポイントは、設備のグレードを下げること。

選定から見直しをすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

グレードの違いでこんなに変わる! 水まわり設備

水まわり設備のグレードは、その機能の違いにより異なります。

以下はトイレの一例ですが、各メーカーが年々進化させているトイレは、機能の差の影響が大きいです。

このように、設備を選ぶ際には、デザインもさることながら、基本性能からオプション機能までチェックし、予算に見合う納得の商品をプランニングしましょう。

 

ランク特徴価格帯
投資物件などで採用されるシンプルなトイレ6~12万円程度
ウォッシュレットタイプのトイレ12~25万円程度
温水洗浄便座+タンクレス+自動開閉+自動洗浄などの高級トイレ25~35万円程度

 

戸建て住宅とマンションの場合の違い

 

i_image059

戸建て住宅の場合

築年数が経過して経年劣化の進行している戸建の場合の浴室仕様は、在来工法で建てられた浴室が多く存在します。

この場合、配管が傷んでいる場合や、シロアリ被害などにより床下が腐食している場合があります。

「浴室を解体してみてビックリ!」となることは決して珍しくはないです。この場合は想定外の費用が発生してしまいます。

水まわり設備を同時にリフォームすることで、ライフタイムバリューコストは格段に良くなります。

 

image_060

マンションの場合

マンションの場合、給排水管の位置変更を伴う水まわり設備の位置変更は難しい場合がほとんどだと考えられます。

そのため限られたスペースの中で工夫してリフォームすることとなります。

また騒音対策も必須です。工事中の近隣住宅への配慮やもそうですが、事前に管理組合などに申請書類の提出などが必要となります。

申請書類代行手数料を請求するリフォーム業者もなかには存在しています。

 

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!