失敗しないための洗面所リフォーム手順4STEP

失敗しないための洗面所リフォーム手順4STEP

失敗しないための洗面所のリフォーム手順をまとめてみました。

ぜひお役立てください。

 

①洗面化粧台のタイプ

・洗面台でつけ置き洗いしたい

・洗面化粧台でシャンプーしたい

・収納がもう少し欲しい

・吊戸の収納をつけたい

 

HAJIME
家族のライフステージが変われば洗面化粧台へのニーズも変化しますからねー

十数年も経過すれば子供も大きくなって少しずつ要望が増えていくのが洗面台の特徴です。

家族が毎日使う場所だから、お気に入りの洗面化粧台を選びたいですね。

 

②洗面化粧台選びのポイント

 

家族の毎日の身じたくに欠かせない洗面化粧台。

掃除のしやすさはもちろん、アメニティの収納スペースも必要ですね。

③洗面化粧台のサイズを計測する

 

まずは設置場所する場所のサイズを計測。

洗面室と脱衣室が一緒になっている場合、洗面室だけ独立している場合など、面積によって洗面化粧台が設置できるサイズも変わってきます。

図のように置きたいところの間口、奥行き、高さの3点を確認します。

wash_size
洗面台リフォームの場合、通常は同じサイズか大きいサイズへの変更です。
現状の洗面台の寸法(間口と高さ)を計って設置可能なサイズの把握が大切。
間口は、600mm、750mm、900mm、の洗面台が主流となります。

 

④鏡やボウル下部の収納容量をチェック

 

su002094
su002095

 

ボウルの下部は、奥の物が出し入れしやすい引き出しタイプと高い物を入れるのに便利な開き戸タイプ、その両方を組み合わせた洗面化粧台がある。

洗面ボウル、シャワー水栓などはデザイン性の高くさまざまな形状の物が増えている。

衣類の手洗い、洗顔、歯磨きなどに使う洗面化粧台は、生活必需品を多く収納するため、その収納スペースを充分確保しておきたいですね。

鏡面も一面鏡と三面鏡があり、鏡の裏も収納として使えるのは便利です。

 

 

 

 

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!