「リノベーションという選択」これからの住宅事情

”リノベーションという選択”これからの住宅事情 『新築にこだわらない住まいで暮らす』

 

新築至上主義の終焉

日本では、これまで「新築の家に暮らす」ということがステータスとされることが長い間根付いていました。
近年ではその価値観も終焉をむかえて、住宅購入の選択肢が新築だけでなく中古物件やリノベーションに拡がっています。
このなかで中古物件を安く購入してリノベーションしようと興味を持つ人が増えて、新築至上主義は終焉を迎えています。

 

環境保護

リノベーションが注目されてきた理由として、「環境保護」という理由も挙げられます。
これまでの「ビルド&スクラップ」は、大量の廃材が生まれ、大量の材料が必要となる為、環境的に好ましいとは言えません。
既存の住宅を改修し、住宅を生まれ変わらせるリノベーションは、環境保護の観点から見ても良好であり、注目を集めるようになっています。

 

HAJIME
近年は、”住まいに対するニーズ”も大きくかわり住宅リノベーションでも”新しいニーズ”を手に入れる例も多くみられます。

これは、個人が目指す”理想の住まい創り”を実現するために、新築にこだわらない多様な住まいが、選択される時代になっていることの表れでもあると言えます。

  • 築年数が古い建物だからといってあきらめたり、建物そのものを立て替えてしまうのではなく、既存の住宅の状態を見極めて適切なリフォームを行う。
  • 住宅リフォームを前提に中古マンション、中古住宅を購入してリノベーション完了後から暮らす

これまで新築にとらわれていた考え方ではなく、「新しい暮らしの選択肢」として、家族の暮らしを豊かにするための効果的な手段です。

 

住宅の機能性を求めるリノベーションへ

 

近年では、高齢化社会問題の進展から

  • 住宅のバリアフリー対策

エネルギー問題に対する関心から

  • 省電力、省ガスや節水機能などの省エネルギー性能
  • 節水機能やLED照明などの「省電力性能」

防災対策から

  • 耐震性能など住宅の基本性能

 

時代変化の要請もあり、住宅の基本性能を向上させる「住宅性能向上リフォーム」への関心も高まっています。

 

「住宅性能の維持」が「資産の維持」に

 

住宅は、築年数が経過するごとに「経年劣化」が生じます。

家族が毎日使用する水まわりの住宅設備も、年数とともに劣化し経年劣化が生じます。

このため、住宅に長く快適に住み続けていくためには、定期的な点検、維持修繕を行うことにより住宅の性能を維持・回復させることが重要です。

一方、本来の住宅は社会的な資産として、子供や孫などの次世代に受け継がれ、その世代を超えて快適に住み続けられることが望ましいです。

 

今、あなたが思い描く

「理想の暮らしを実現するリフォーム」に合わせて、現在の住宅に対する不満を解消し、機能性向上を含めたリフォームを行う。

そして、性能向上させた住宅を性能低下させない維持修繕の努力が、住まいの快適さだけでなく、住宅の資産価値を維持することにもつながります。

 

自分にあった暮らしを実現するリフォームを考えるとき、住宅性能向上リフォームを頭に入れておくと、リフォーム後の暮らしがより快適な暮らしとなるでしょう。

 

省エネルギー性能の向上リフォーム

 

節水性能に優れた水まわりの住宅設備へのリフォームや、省電力効果の高い照明などへの変更、断熱性能・気密性能に優れたユニットバスへの変更や、給湯器などの熱変換効率の高い設備機器への交換などをバランスよく計画することで、住宅内におけるエネルギー消費を少なくすることができます。

これにより、暮らしのエネルギー効率が上昇することで、毎日のエネルギー消費を少なくすることができます。

また、高気密・高断熱のユニットバスなどは「ヒートショック」(急激な温度変化により脳機能や心臓機能に危険を及ぼす)の軽減も期待できるので、高齢者にも優しい住まいとなります。

バリアフリー性能向上

 

バリアフリーは、すべての人に優しい設計の考え方です。
住み慣れた住まいで、安心して長く暮らすためにも、段差の解消や手すりの設置、車椅子を考慮した廊下の拡幅など、リフォームに合わせて住まいのバリアフリー化を進めましょう。

 

耐久性能向上リフォーム(維持管理・更新の容易性、劣化対策)

 

◆ 維持管理・更新の容易性

給排水管などの設備は、住宅本体よりも耐用年数が短いため、定期的な点検と適切な修理が必要です。
水回りの設備をリフォームする際は、その劣化具合に応じて給排水管などを交換するとともに、その後の点検・交換に役立つ点検口などを設置しておくことが有効です。

 

◆ 劣化対策

永く安心して暮らせる住まいとしていくためには、住宅本体を長持ちさせる必要があります。
木造戸建て住宅などの場合、柱と梁(はり)といった構造躯体(こうぞうくたい)を点検して、痛みが見られてきたところは早期に補修する必要。
また、小屋裏(こやうら)や床下(ゆかした)の換気が取れているかを確認するとともに、土台(どだい)などの防蟻処理(ぼうぎしょり)を適切に行うなどして、
住宅本体を痛みにくくする工夫も必要です。

 

まとめ

”ライフタイムバリュー”
HAJIME
生涯支出に占める住居費のことを「ライフタイムバリュー」と呼びます。

住宅における生涯支出を抑えてライフタイムバリューに、大きく貢献することができる住宅リフォーム。

これからの日本は、既存住宅を活かして大切に使う住宅リノベーションが、住まいを考えた時に必ず思い浮かぶ選択肢になるでしょう。

これまでは、先進諸国の中で比べると、日本の住宅はスクラップアンドビルドを繰り返してきました。

HAJIME
「新築住宅」が好まれる対象であったため、建物の解体、新築が繰り返されることが通例となっていたんですね。

国内では、3000万戸にも上る「持ち家ストック」の中、その多くは今後も使い続けられる性能を十分に持っている住宅であることがわかっています。

平成22年に国が策定した新成長戦略では、ストック重視(既存住宅の重視)の住宅政策をより一層促進していく方針が織り込まれています。

 

平成32年までに、『リノベーション市場の規模を倍増させることを国策としても目指す』
これらの「長期優良住宅の普及促進に関する法律」の施工にみられるように、住宅が長期にわたって良好な状態で使用されることが、住生活の向上を図る上で重要とされています。

 

世帯世代を超えて長く住み続けられる家
  • 省エネルギー性能
  • バリアフリー性能
  • 耐震性能

 

 

評判の”リノベーション専門”設計士を紹介してもらえます。

【イエツクル】 東京都.神奈川県.埼玉県.千葉県エリア対応。

リノベーションを考えた時、どんなプロに相談しますか?

リノベーションの経験が豊富で柔軟な発想をもったプロの設計士に相談すると、あなたの「かゆいところ」を先に「かいてくれます」。

中古リノベーション 毎日が楽しいキャットウォーク

例えば、ネコを飼っていてネコの為に「こんなキャットウォークを作りたい」と画用紙に書いて説明するだけで、「それならば、こういうこともできますよ!」「ここに導線を作りましょう」と斬新なアイディアをはじき出してくれたりします。

もちろんそのために必要な強度計算や、生活利便性を考慮したうえでの提案です。

キャットウォークが得意な設計士を紹介します

リフォームとリノベーションでは性質が異なります。

リフォーム会社へリノベーションを依頼することは少し怖い気がします。

 

”リフォーム会社”へ”リノベーション”を発注するということ

リノベーションをリフォーム会社へ工事発注する事が、ちょっと怖い理由が2つあります。

①営業担当者は現場監督の代わり?

リフォーム会社の営業は現場監督を兼任しているケースが多くあります。単刀直入に言ってしまえば、リノベーションの「素人」です。
ここが「かゆいから掻いて」といえば掻いてくれますが、これから「かゆくなる所を先に教えてくれる」ことはないでしょう。

②リノベーションのプロではない

構造躯体の強度を計算しながら設計しなければならない場合があります。基本的にリフォーム会社では出来ないことです。
その場合は外注の設計士に依頼することになります。それなら初めから設計士に工事依頼したほうがトラブルを回避できて責任の所在が明確になります。

リノベーション専門の設計士をココで探す。

さいごに

横浜市はエリアにもよりますが、東京23区と変わらない、もしくはそれ以上のブランドと地価を持っています。

価格帯も戸建だと4,000万円~5,500万円といったところでしょうか。

地形的にアップダウンが激しいエリアもありますので、通学・通勤、そしてお子様やご老人には十分な検討と考慮が必要です。

津波災害や土砂災害の指定エリアなども要チェックです。

東京都のマンションリノベーション事情

リノベTOPICS-サイトマップ


資料請求を活用しよう!

 

 

リノベーションのプランニングでは、好みの事例をインターネットから印刷したり、雑誌を切り抜いたり、理想の家のイメージをたくさん集める必要があります。

そんな時、とてもに役立つのが資料請求。雑誌は何冊も買うと費用がかさみますから、無料の資料請求は何社でも積極的に活用すべきです。

特に「ロハス ススタジオ」の無料資料請求は「72ページのリノベ事例集」と来店予約では「DVD」までもらえるのでオススメ!

 

対象エリアは首都圏全域

該当地域の方はぜひチェックしてみてください!